アキの独り言

風邪をひいたのなんて、何年振りだろう…



あれはちょうどお盆の頃のことです。

ある日朝起きると、喉に違和感を覚えました。
次第にその違和感は痛みに代わり、2~3日痛みが治まりませんでした。
ようやく痛みがなくなったと思ったら、今度は咳が出るようになり、
その翌日起きたら声が出なくなってしまいました。

「これはほっといたらやばい」と思ったのですが、
なんせお盆休みの土曜日だったので、見てくれる病院を探すのが大変でした。

ようやく診察している病院を見つけて、そこで診察してもらいました。
先生曰く、「夏風邪が治りきっていないのでしょう」ということで、
咳止めや抗生物質など、数種類の薬を処方してもらいました。

それからは、指示通りに薬を服用する毎日が一週間ぐらい続きました。
その間、38度を超える高熱が出た日もあれば、
咳や鼻水が止まらなくて悩まされたこともありましたが、
薬が無くなるころには症状は快方に向かいました。
やっぱりお医者さんのお薬は良く効きますね。

ここ数年間、風邪とは無縁の生活を送っていたのですが、
久しぶりに風邪をひいてしまいました。
体調管理には十分に気をつけていたつもりなんですけど…。
しかも、なぜに暑い夏に風邪をひいたのか、不思議でたまりませんでした。

初めて挑戦する乗馬のライセンス



最近、ずっと前から興味のあった乗馬を始めました。
始めたきっかけは、前からやってみたいとは思っていたのですが、クーポンサイトで
 安く乗馬のライセンスが取れるというクーポンを見つけたからです。

場所は少し遠いですが、送迎をしてもらえるので良かったです。
乗馬クラブは都会とは違う雰囲気で、癒されました。

私は5級を取得する予定でしたが、4級は3回目までが5級と同じ内容で、
 5級を受けなくてもいきなり4級に挑戦しても良いと聞いたので、
 4級のコースに変更しました。

乗馬をする時は少し怖かったです。
子どもの時に乗ったポニーとは高さも違いますし、何より引き馬でなく
 馬を動かせるのは自分しかいないことが不安でした。
 
 しかし、慣れれば恐怖よりも楽しさの方が大きくなってきました。
初日は速歩までを練習しました。
馬に負担がかからないように馬の上で立ったり座ったりするのは大変でしたが、
 だんだんとコツを掴めてきた気がします。

試験対策のテキストももらったので、やる気が出てきました。
絶対に1回で合格できるように、筆記とともに実技も頑張って練習したいと思います。
そして、旅行先などで馬に乗る機会があったら、ライセンスを活かしたいと思います。
上手になって、趣味や特技は乗馬だと言えるようになりたいです。